シンガポール

2017.02.11

※このブログ記事は編集中の書きかけ文章ですが、速報性を高めるために敢えて公開しております。よって、変な文章や文法、誤字脱字、ツッコミを入れたくなるような言い回し等があるかも知れませんが、変な解釈をされても当店は一切責任を負いません。一切の責任は受け手である皆様ご自身のご判断でお願いします。なんのこっちゃ?(笑)

 

さて、本題です。

 

時代は、ニューリッチという言葉を作り出し、多くの新たな起業家を産んだ。

彼らは、インターネットを上手に使って、対人関係を除外しても成り立つ、

むしろ、普通に働くよりも多くの富を集めることの可能な、

過去にはなかった仕事(稼ぎ方)を編み出し、税金の安い海外に移り住んでいる。

 

中でもシンガポールはその代表的な国に当たる。

そういった意味でもシンガポールは最先端を行く先進国だ。

 

彼らが編み出した新ビジネスは、アフィリエイトに始まり、

情報販売、スクールビジネス、ネット会員制ビジネス、youtuber、

ブログ、キュレーションサイト運営のような広告収益モデル、

転売、不動産、株取引、為替取引など、実は様々だ。

 

そんな中で、彼らのような生き方が本当に正しいのか、自分に問うてみた。

 

多くは最先端の生き方には違いないが、

ニューリッチの中にはグロい考え方の輩も少なからず存在する。

(彼らは人物像を出すことなく、キーワードや悪評で注目を集める手法など、

仕組みの構築だけで財をなすが、これでは現状は良いとしても、

先は見えないし、本当の意味で幸せかどうか? 

それとは別に、ただ単に安く買って、高く売る、

いわゆる転売を仕組み化し、繰り返している人もいるが、

そのルーティンワークが生涯に渡って本当に楽しいのか?疑問である。

が、途中で本を出したりして、考え方の軌道修正をし、

更に成功するパターンもあるだろうから、一概には否定できない。

彼らは常に行動しているし、結果を検証し、マインドセットを含めた

軌道修正も可能だからだ。行動していない人よりは全然、優位だ。)

なのだが、、自分には、それが楽しいとは思えないところはある。

 

なぜなら、自分は音楽人ということから、

同じ音楽人とのコミュニケーションを通じて、

全く新しい価値を創造して提供したり、

作品を制作したり演奏する方が楽しいし、精神的にもラクなのだ。

 

なので、なんとか音楽業界にも、

昨今のインターネットの仕組みを活用することで、

(現状でも割と恩恵は受けている方だとは思うが、、、

単純に活用するだけではなく、それとは別の、

全く新しい仕組みを構築するという意味で)

過去の流れを覆すビジネスモデルや、稼ぎ方を編み出して、

広く世に貢献したいとは思って試行錯誤中。

 

音楽業界は、なかなか古い体制。

 

しかし、中でもジョニーエンジェルは独特なので

新しい価値観として仕組み化して世に広めることは可能だが、

仕組み化するには、多大な労力と気苦労が必須だし、

ポイントは、

仕組み作りだけに頼ってもラクは出来ない。ということだ。

大きくなればクオリティの維持も大変なのだ。

 

ラクなのが良ければ現状維持で良いわけだ。

 

何が幸せなのか、非常に難しい問題でもある。

 

 

ここから、またヒントだが、

ニューリッチを生んだ、インターネットビジネス業界の中でも

人柄をWEB上で活用した人は更に、より多くの恩恵を受けている。

 

つまり、

人となり(人柄)が良い人間は、輪をかけて多くの財を成した。

 

彼らはマインドセット、リーダーシップ、

つまり、成功者、経営者、投資家、リーダーとしての哲学的な脳(知識)が豊富。

 

しかも、

より多くの人に価値を提供できるフォーマットを構築しながらも

真っ当な正義であるが故に、崇拝者も多い。

(その分、敵、というか、勘違いして批判したり、

自分の利益のために悪用したりする輩も多いが。)

 

 

で、自分の生き方と照らし合わせてみた。

 

彼らと同じではない、今後の自分の生き方だ。

 

過去の生き方、以前は正しいとされていた

「組織の中で働くことで収入を得る」という過去からの生き方の良さと、

インターネットを活用することでの新たな仕組みの融合、

これこそが、違った意味での自分なりの新たな最先端となる。

 

「松下幸之助」が対人関係を重視したように、言い方は悪いが、

言うなれば、古臭くても、人としての誠実な生き方と、

その自分の人柄をアウトプット出来るニューリッチの生き方の融合。

 

 

結論:内なる魅力(自分の身と心)と、

外なる対外的な魅力(提供する商品価値)を磨き、

リアルでもネット上でも、フォーマット(仕組み)をシッカリと構築し、

対人関係、人柄を良くし、インターネットを超(中途半端ではいけない)プロ級に活用する。

 

 

 

「シンガポールで学んだ本質。」

 

考え方、思想、宗教、色、多種多様の人種が集まり、

世界の違ったもの同士が互いの違いを尊重し、

それぞれの叡智が融合されて、

楽しみ、助け合いながらの結果的な共存共栄が、

唯一無二の価値を生み出し、国レベルでの繁栄をもたらし、

最短で、最先端の国を作り上げたシンガポールに学ぶべきことは多い。

 

(日本は敗戦から経済大国、世界で最も高い技術、になるまで50年かかった。)

 

今後は日本も、アジア圏の人や、宗派が違うヒンズー教や、

イスラム教などに代表される異文化など、だけでなく、

 

 

すでに存在している周囲の人々、

その人、その人の、自分とは違った考え方や正義を受け入れ、

人、一人づつの、考え方の違いを尊重し合いながら、新しい価値を創造し、

 

国境のない今後の世界の図式であり、

考え方の違う人間同士が共同で協力し合い、

共作を生み出し、繁栄を創造している国、シンガポールのように、

 

例えば会社のスタッフや、夫婦間などでも違った考え方同士が、

共に生き、共に時を重ね、共に何かを共同で共作で生み出していく

新しいものを共有していく姿勢こそが、真の繁栄を遂げるのではないだろうか?

 

ジョニーエンジェル代表 ATSUSHI KITA

 

 

ps.

WEB上での評価や、

表面上の認識だけで全てを判断せず、

シッカリと細部まで学び、

現状を打破する気合いと

継続は力なり。という意識と、

学んだことを愚直に、

周囲の批評に負けない

強靭な精神力を持ち合わせた、

行動力のある方だけに、

オススメしています。

※これは僕も未だに学んでいます。

<PR>――――――――――

◆【無料】の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://aff.celebritytrip.club/ad/664/491309

―――――――――――――-

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on GREE
email this
Pocket


こちらの関連記事もどうぞ

  |